SBI証券の年間取引報告書の再発行について

f:id:thcom:20170109114004j:plain

私はSBI証券をメインに株式取引を行っており、証券口座を開いたのは5年ほど前になりますが、本格的に取引を始めたのは2年ほど前になります。

 

これまで収支の管理はほぼ行っておらず、どれほど損益があったのか、またどこで確認すればよいのかわからず放置していました。株式取引を通じて税制面にも興味を持つようになり、株式の損失は繰り越して相殺できるということがわかりました。2016年については利益が出たので2015年の損失から相殺できると思い、いろいろ調べたところ「年間取引報告書」にすべて記載されているということがわかりました。

 

SBI証券では年間取引報告書の他に、「譲渡益税徴収・還付のお知らせ」や「株式取引報告書」など日々取引を通じて書類が発行されます。取引回数が多いとこれらの書類は膨大になるので、これらの書類は「電子交付」設定にしており、WEB上で確認するようにしています。しかし、「年間取引報告書」についてはなぜか郵送設定にしており、おそらく受け取ってはいるんですが、手元にない状態だったので再発行を依頼しました。

(再発行手順については以下を参考)

faq.sbisec.co.jp

 

コールセンターに問い合わせを行い、再発行を依頼したところ、再発行手数料1050円かかりますとのこと…。正直かなり高い。まぁこちらの落ち度なので仕方のないことですがこれは結構損した気分になりました。SBI証券側も郵送交付よりも電子交付の方が経費がかからないはずなのでそちらに移行したい意向なのだと思います。

 

その後は年間取引報告書についても郵送交付から電子交付に変更し、WEB上でいつでも確認できるようにすることで紛失による再発行依頼の可能性を排除しました。

 

基本的に書類関係は電子交付にした方がいいです。ただし閲覧期間は5年程度のようなので、年間取引報告書など記録に残したい場合は必ずダウンロードして保存しておくことをおすすめします。