読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標!不労所得で年間20万円(志し低く)

会社を退職したい、けど生活があるので出来ない。そこで、早期リタイアを視野に入れて日々試行錯誤します。

「0円で空き家をもらって東京脱出!」を読んで尾道に行きたい!!と思った

f:id:thcom:20170209234138j:plain

くらげねこさんのブログを読んで、以下の本がおもしろそうだったの読んでみました。

内容は東京に住んでいた漫画家の方が広島県尾道市に家をタダでもらって移住生活を始めるという、実体験を漫画にしています。尾道は空き家率が高く、その地形から再建築不可の建物が多いため、持ち主は自宅が老朽化しても立て直すことができないことから住み続けることが難しいようです。坂や階段が多いところなので高齢者の方が住み続けるのは厳しいですよね。維持するのにもお金がかかるし、希望している金額で売るに売れないし…、といった状況なので格安、或いは作者のように無料で提供したり(稀だと思いますが)しているようです。このような空き家問題を解決するため空き家の再利用活動を行っている方々がいろいろな活動を行っているようです。作者もこれらの方々と協力し合い、町興し的な活動を日々行っている様子が描かれていました。

端的にまとめると東京といった都市部を離れて田舎の生活の様子を描いたものになりますが、感想としてはとても楽しそうでした。都市部にはないコミュニティがあるというのはやっぱりいいと思います。一方で地形的な問題ですが、日常生活の面では不便なこともあり大変だなぁと思いました。

私はこれまで訪れた地域の中で一番好きなところは沖縄になりますが、二番目に好きなところは尾道です。これまで3、4回行きました。独特の歴史あるレトロな雰囲気と、海やしまなみ海道など、まさにジブリに出てくるような世界観。(福山市になりますが鞆の浦も好きです) しまなみ海道はスクーターで2回制覇したことがあります!(自転車はまだです…)

「0円で空き家をもらって東京脱出!」を読んで尾道の素晴らしさを思い出しました。また、知らなかったスポットなど知れたので近いうちに行こうと決めてました。

作者のように「漫画家」という特技や技術がある方は、「自分で稼ぐ」といったことに向いていると思います。この本のように実体験を漫画にして収入につなげることができますし、地域活動においても看板やキャラクターを描くことで貢献するなどその才能や技術を発揮されていました。

スローライフっていうのもいいですね。本当に会社に出社せず、自力で稼ぐ力があれば住む地域などどこでもいい気がします。このような選択肢を捨てないためにも、会社に縛られた人生計画ではなく、資産運用などで安定した不労所得の仕組みを構築し、個人で事業を興して自らの力で「稼ぐ」ようにしたいと強く思います。なかなか大胆な行動には移せていませんが、この考えは昔からぶれることなく思い続けています。本書を読んでより一層自分の進むべき道が間違っていないということを再認識できました。