読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標!不労所得で年間20万円(志し低く)

会社を退職したい、けど生活があるので出来ない。そこで、早期リタイアを視野に入れて日々試行錯誤します。

BIG tomorrow4月号 を読んだ!

書評

f:id:thcom:20161111143731j:plain

先日、BIG tomorrow4月号を購入しました。税込670円です。

昔はこの手の雑誌をよく読んでいましたが、最近はほとんど目を通していませんでした。購入するのも何年か振りになります。気分転換程度に購入しましたが、個人的になるほどなと思ったことや役に立ったことをまとめておこうと思います。

●今年注目のIPO

東京メトロ

USJ

劇団四季

IPOについては証券会社でちょくちょく確認する程度で、既に上記の会社が上場する予定であることは全く知りませんでした。追々雑誌を見なくても証券会社からの情報でわかっていたことになりますが、事前に資金の調整や、上場する関連会社、または業種のニュースを意識するようになるのでいろいろな対策や分析を行うことができます。やはり情報の取得は早ければ早いほどいろいろな効用があると思いました。

●海外オークションのebay

日本のリサイクルショップでいろいろなものを購入し、ebayという海外オークションサイトを通じて外国人向けに転売を行い、稼いでいる方の特集がありました。たとえば熊の木彫りの置物などみたことはありますが、特にほしいと思ったことはありません。しかし日本の文化が好きな外国人からすると需要があるようで、そのようなものが売れるそうです。確かに自分もアメリカンなものが好きなので、そのような雑貨があれば購入してしまうかもしれません。しかしこれらは日本では取り扱っているので国内でも購入できますが、外国、得に先進国で無い国ほど各国内で日本のグッズを入手することは難しいと思います。ニーズを分析しインターネットをうまく利用した商売だと思いました。

●食品のせどり

2月号家に掲載されたものらしいですが、読者からの要望で更に詳しく知りたいということで食品せどりの方の特集ページがありました。ネッシー、ロハコ、ヤフーショッピングなどで食品を仕入れてアマゾンで売却するといったシンプルなもの。単純にアマゾンよりもネッシーやロハコといったサイトで取り扱っている商品の価格が安いためこの差額が利益になります。確かに、自分はインターネットショッピングを利用する際は、AMAZON、ヨドバシ、楽天といったサイトがほとんどで、ネッシーやロハコなどは利用したことはありません。(ネッシーというサイトは今回初めて知りました。)購入者はいつも利用するサイト内で商品を検索するため、安い商品が別のサイトで取り扱われていることに気づかず購入してしまうためこのようなせどりが成立するようです。情報の歪みを利用した戦略です。

株式市場では市場の「歪み」をみつけることがチャンスに繋がるといわれます。将来有望な会社なのにまだ誰にも目をつけられていないような会社、特に東証二部やJASDAQなどで上場している企業です。これらの市場では東証一部に比べて知名度や流動性から割安な株価で販売されているものも多いため、ここで「歪み」のあるもの探すのがよいと自分なりに解釈して考えています。食品のせどりはインターネットショッピングサイトの価格の歪みをうまく利用した戦略だと思います。

つらつらと素人目線でまとめましたが、他にもいろいろなマネーに関する情報が記載されています。670円分は元を取ったのではないかなと思います。

この情報が誰かのお役に立てれば幸いです。