30代技師の億り人への道

Episode3 ~目標!不労所得で年間120万円&総資産4000万円~ 「2028年12月には1億」

こだわりアイテム

Table of contents

こだわりアイテム

基本的に節約思考ですが、お金をかけるところ、かけないところがありなんとなく整理してみようと思いこの記事を書いています。先日ホリエモンが出演した令和の虎の会で、40代以上のおじさんは同じブランドを使い続ける、という意見がありました。私はまだ30代ですが特に意識しなければ確かに同じもの、同じ行動を取り続けている傾向にあるなと思っています。今後これがどのように変化していくのか将来の自分との対比のために整理したいと思います。

衣服 ユニクロ
下着 ワークマン
Allbirds
国産低走行車
スマホ Iphone8
散髪 QBハウス
衣服

こちらは王道のユニクロです。高機能で低価格の商品が多く、また無地の商品が多いのがよいです。トレンドも上手く取り入れておりすごいなと思います。昔はユニクロを着ているとダサいという印象が強かったですが、今はこう言ったイメージは洗練されリブランディングに成功しています。店舗数も多くレジもRFIDタグを利用したセルフレジをいち早く導入し最先端企業のイメージも高いです。また、最近ではスーツもユニクロで購入できるようになったのでカジュアルなものであればユニクロで十分かなと思っています。ユニクロがなくなると本当にきついぐらい依存しています。

一方でGUの方はというと、あまり行ったことが無いので正直よくわかっていないのですがユニクロより低価格帯の商品が多いイメージです。イメージが先行してユニクロばかりにいきがちですが、案外GUでもよいとなれば更に衣服代は抑えることができるかもしれません。次回、ユニクロに立ち寄る際に合わせてGUもみて回ろうかなと思います。

ユニクロが好きではありますが全身ユニクロでもなく、アウターはアウトドアブランドを好んで着用しています。アウターだけ少しこだわって機能性やデザイン性がより良いものを選択しています。今年こそは水沢ダウンが欲しいなと思いつつも、金額に躊躇しているところがあります。。

下着

服はアウター以外ユニクロと言いつつも下着はワークマンで買うようにしています。なぜワークマンかというとメリノウールのパンツが低価格で販売しているからです。メリノウールは天然素材であり、コットンやポリエステルよりもムレを防ぎ、速乾性もあり保温性もあります。またムレを防ぐことから夏は涼しく着用できるので魔法のような繊維です。実際に登山アイテムでメリノウールを使った商品はかなり重宝されているのですが、天然素材ということもあり価格が非常に高いです。Amazonでメリノウールのパンツを見ると4,000円〜5,000円台で販売しているものが多いです。ワークマンではオリジナルブランドとして取り扱っているため1,000円程度で販売しています。普通のコットンのパンツが500円程度と考えると倍にはなりますが、メリノウールと考えるとかなり安いです。

ただ、あまり取り扱っていないのか、品切れが多いのかなかなか見つけることができませんが、あれば必ず買うようにしています。またメリノウールの配合率によっても金額が変わるかと思います。メリノウールの配合率が高いほど基本的には高級品になります。最近私が購入したのはメリノウール40%で1,000円程度でした。以前はもっと配合率の高い商品もあったかと思います。

Allbirdsという海外ブランドの靴が最近はお気に入りです。価格帯としては10,000円〜20,000円代であり、安くも無いが高すぎるものでも無いかなと思います。SDGsを意識した少し意識の高い商品ですが、軽く、履き心地もかなり良いので履き始めると他の靴には戻れないですね。またこれにもメリノウールが使われているようです。黒い靴であればジャケパンスタイルにも合うので本当に年中どこでも履いていくことのできる靴だと思います。そろそろ2代目を購入しようと考えていますが、店舗数が少ないのが難点ですね。

車は国産の低走行車を買うようにしています。新車だと高すぎるので手が出せないのですが、中古車でも長距離を乗っていると安くはなりますが故障やメンテナンス費等のリスクを考えると2万キロ以下の低走行車が良いのではと考えています。また外車よりも国産車の方が運転しやすく、故障も少ないというイメージがあるのでコスパを考えると国産車一択なのかなと思います。全国にディーラーがあるのも良いので何かあった際に手厚いサポートが受けられるため安心して乗ることができます。

車は命に関わるものでもあるので、コスパも大事ですが安全性等を総合的に判断して購入するようにしています。そのため軽自動車は避けるようにしています。次はベンツが欲しいのですがもう少しお金に余裕ができたらという感じですね。都心では確かに車は必要ないと思います。私の住居地域でも中心市街地まで電車で10分程度なので車はなくても生活ができる圏内です。感覚として実際にファミリー世帯でもマイカーの所有率は50%程度かなと感じています。ただ車を所有することで行動範囲が広がりますし確実にフットワークが軽くなりました。人生を豊かにするためにも個人的には車の所有をお勧めします。

スマホ

王道のIphone8ですね。購入して結構経ったのですが今はOSのUpdateがある限り古い世代のIphoneでも問題なく使い続けることができます。少しバッテリーの消費が早くはなったのですがこれはバッテリー交換さえ行えば解決する話でもあるので、新機種の購入をするかバッテリー交換をしてもう少し使い続けるべきか悩んでいるところがあります。

昔一度アンドロイドでもよいかなと思い、IphoneSEからアンドロイドへ乗り換えたことがあるのですが、操作性がとても悪くもっさりした感じが耐えられず2、3ヶ月ですぐにIphoneに戻した思い出があります。今はアンドロイドも進化してはいるのでしょうが、どちらも使ってきた結果Iphoneが良いと帰結しています。製品本体が高いのでなかなか新機種に乗り換えられないところはありますが満足しています。ちなみに回線は当然MVNO格安SIMを使っています。

散髪

以前は美容室に通っていましたが、なんとなく試しにQBハウスに行ってみたところスピード感と手軽さ、また金額の安さに満足し、いつしかQBハウスにしかいかなくなりました。正直担当者によって当たり外れはありますが、金額を考えると十分かなと思います。またQBハウスに行くと親父化したイメージを持たれるかもしれませんが、安くなった代わりに散髪の頻度を増やすようにしており、月に1.5〜2回程度通うようにしています。中途半端に伸びている状態の方がだらしないなと考えているので結果的に現在の方が身だしなみとしては良くなったと感じています。月に2回通っても、1回1,350円なので2,700円です。安いですね、助かります。

まとめ

基本的に価格重視ですが、変にこだわっているところもあるので全てがコスパ基準でもないかなと思います。将来の自分の生活スタイルがこれからどう変わっていくのかいつか振り返って確認してみたいと思います。

再見!