読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標!不労所得で年間20万円(志し低く)

会社を退職したい、けど生活があるので出来ない。そこで、早期リタイアを視野に入れて日々試行錯誤します。

IPOに挑戦

f:id:thcom:20140512091708j:plain

最近はIPOに積極的に挑戦しています。

本日はユーザーローカルの抽選日でしたが落選…。Twitterを見ても落選した方が多く倍率が高かったようです。IPOについては主幹事となった証券会社が取扱い数が多くなるため、欲しい銘柄の主幹事である証券会社から申し込むと相対的に当選確率が上がります。

これまでSBI証券一本でIPOへの抽選を試みていましたが、IPO主幹事の回数が多いSMBC日興証券の口座をつくったので今後はSBI証券SMBC日興証券とを並行して利用しようと思います。また、長い間放置していた楽天証券も利用する予定です。

株式投資用資金とは別にIPO投資用資金をそれぞれの証券口座にストックするように配置しておき、欲しい銘柄が上場される際には複数の証券口座から同時に抽選申し込みを行い、当選確率をあげたいと思います。まずは1口座につき50万円程度あればほとんどの銘柄の最低単元分は購入できるので大丈夫かと考えます。

第51回ソフトバンクグループ株式会社無担保社債を購入してみた。

金融商品

f:id:thcom:20170314210944j:plain

前回ソフトバンク社債を発行するという記事を書きました。

money-tktktk.hatenablog.com

この頃から利息が2%を上回るようであれば100万円分は購入してみようと考えており、最終的に2.03%となったため購入することに決めました。 SBI証券にて3月3日12時より発売予定であったので、売り切れる前に購入したいと思い、12時になった瞬間に購入できるように身構えていましたが、ソフトバンク社債購入ページにてアクセスが集中したため5分~10分程度つながりにくい状態となっていました。12時15分頃再度アクセスを試みたところ接続することができたので、なんとか100万円分購入することができました。

f:id:thcom:20170314211926p:plain

しかし、当初は3月3日に全て売り切れるだろうと思っていましたが、その後2、3営業日たっても完売にはなっておらず、想定していたよりも人気がなかったのかなという印象です。7年という期間とソフトバンクの借入額などを勘案してリスクが大きすぎると判断された方が多かったのではないかと推測します。僕自身はリスクがあることは承知しつつ、自己資産に債権を取り入れたかったため比較的高金利であった今回のソフトバンク社債の購入を決断しました。

無事償還されることを前提に今回の社債によって得られる利益を以下に整理しようと思います。

1,000,000円×2.03%=23000円 年間23000円分の利息が得られます。

ただし、これに税金がかかり、23000円×20.315%≒4672円が引かれるので、

最終的には、23000円-4672円=18328円が1年間で得られる利息になります。

月額でいうと約1527円になるので毎月の不労所得として1527円が7年間得られるということになります。この利息は更に株式投資などの有価証券の購入資金にまわすため、複利の力で更に増やしていく予定です。小さな一歩ですが、社債を購入することで毎月1527円得られるという仕組みづくりを行うことができました。この小さな不労所得を今後も積み重ねていき、まずは利息や配当などで年間20万円を目指します。

僕のお金を使う基準。投資と消費の違い。その②

f:id:thcom:20170313202729j:plain

先日AirPordsを購入するまでの葛藤を例に、自分のお金の使い方を整理しました。

money-tktktk.hatenablog.com

お金を使うときにはそれが「投資」なのか「消費」なのかを判断して「投資」であれば使ってもいいという自分ルールの紹介でした。しかし、お金を利用する全ての場面で、投資、消費(浪費)とストイックに選択していき、投資としか考えられないものにしかお金を使えなくなると逆にストレスになります。様々な理由をつけてでも自分にとってプラスになれば、消費であってもOKとします。

例えば仕事中の間食にお菓子を買うなど、これは何もメリットがないので「消費(浪費)」なのですが、小腹が空いて集中できない場合や気分転換に何か口にしたい場合など、間食することにより仕事に対しての能率が上がったり、ストレスの軽減になるのであればプラスに働くので「消費」なんですが購入してもOKとしています。つまり無理矢理理由をこじつけてもなお、メリットと思えればOKとしてます。そこから更にその金額と、それを購入するによって得られるメリットや満足感を比較考量してもなおプラスであればそこではじめて購入します。

実際に毎回このように考えて取捨選択しているのではなく、自然にこのような行動をとっています。大半の人も同じようなことを考えていると思いますが、浪費家の人はついつい今だけ贅沢してもいいか、という甘い考えで無駄遣いをしてしまいがちです。僕も昔は貯金ができず、給与を次の給与日までにすべて使っていました。今貯金ができているのは、このブログを書くことで日々お金に対して向き合っているからだと思います。

以下は、自分が浪費家であったときによくやってしまっていたダメなお金の使い方です。

①タバコ

百害あって一利なしですね。一利あっても百害あるので明らかにデメリットの方が大きいはず。よくタバコはストレス解消になると言われていますが、自分はタバコをやめられないというストレスを感じていました。健康とお金の浪費です。

②パチンコ・スロット

時間の無駄です。一日中騒音が響き、タバコの煙で充満した空間にいるのは今思うと信じられません。同じ時間でももっと自分にとって有意義な時間の使い方があるはずです。また、ほとんどの人は勝てません。勝っている人も時給換算にするといくらですか?自分磨きをしてビジネスや投資などで稼いだ方が有意義ではないでしょうか。お金と時間の浪費です。

自動販売

緊急用として利用するのは有りだと思いますが、日常的に利用するのは非常に勿体ないです。ほとんどが定価販売、安くてもスーパーでの販売価格以上になります。日常的に飲み物が必要だとわかっているのであれば、あらかじめ用意しておけばいいだけのことなので日常的に自動販売機を利用する人はよほどの大金持ちで無い限りだらしのない人だという印象を持っています。お金の浪費です。

④会社の飲み会

昔は飲み会が好きでした。必ず参加していましたが、最近は歓送迎会でなく、特に目的の無い忘年会や打ち上げなどの趣旨の飲み会は全て断っています。コミュニケーションをとる場として重要なのはわかっていますが、正直、参加しようがしまいが特に何も変わりません。強制でないのなら同じ金額で自分の好きな人と好きなものを食べる方がよっぽど有意義だと思います。気を使って、お金を使って、時間を使っての3重苦ですね。ストレスとお金と時間の浪費です。

少なくとも上の4つの項目については「投資」か「消費」か悩む以前の問題です。今後もこの自分ルールを継続していこうと思います。

僕のお金を使う基準。投資と消費の違い。その①

f:id:thcom:20170312143122j:plain

株式投資などをしない、いわゆる「貯金型」の友人との何気ない会話で自分のお金の使い方の価値観というものに気づかされました。

AppleAirPodsというワイヤレスのイヤホンがありますが、これが約1万8000円程度します。お値段はイヤホンにしては張りますが、IPhoneとの相性が非常に良いこと、イヤホン特有のケーブルが絡まって解く労力がかかり煩わしくなることを排除することができます。たかがケーブルを解くだけだろ、と思うかもしれませんが、1回1分程度、1日2回ケーブルを解いていると2分。1年で約12時間もこの作業に費やされていることになります。結構バカにならないのでケーブルレスのワイヤレスイヤホンは非常に魅力的です。また、ランニング時にも利用したいと考えていますのでランニングの邪魔になるケーブルの無いワイヤレスイヤホンは非常に相性がいいです。

<ここから本題>

以上の理由から値段は張りますが、熟慮の結果メリットの方がありそうだと考えたので結果的に購入することに決めました。購入する前に「貯金型」の友人がAirPodsを持っているので使用感などを聞いたりして相談していました。その際に、「株式投資や債券などに何十万円、何百万円と使うのに、約1万8000円のイヤホンの購入には結構悩むんだね」と言われました。僕にとって株式投資や債券などは配当や利息など果実を生み出すものであるため、同じお金を「使う」という行為であってもそれは「投資」という行動を行っています。お金を使っているという感覚よりは、「お金をより良い形に変えて働かしている」といった感覚です。もちろん、株式投資などは元本割れをするリスクがあるのでそれらを総合的に考慮してどこまでリスクをとれるか、どの程度なら損をしても問題ないか、あるいはどうすれば損をする可能性を低減できるかなど考えた上での行動です。

投資をしている方にとっては当たり前にわかることですが、定期預金でも金利がほぼ付かないような現在では余剰資金をただ定期預金にして保管しておくだけの行為は、お金が働いていないことになり、他に投資していれば得られるはずであった利益を放棄しているので機会損失に近い行動をとっていることになります。もちろんそれが近い将来必ず利用する必要がある資金であったりする場合など何か明確な理由があれば話は別です。しかし、貯蓄が美学だと考えられている日本では多くの方が投資を放棄してただお金を遊ばせておくだけの選択をしているに過ぎないと感じています。(あくまで個人の感想です。)

本題に戻りますが、AirPodsを購入するという行為は、「投資」なのか「消費」なのかどちらなのでしょうか。イヤホンなんてなくても生活できるので単なる消費だと考えられます。冒頭で上げたメリットが無ければこれは単なる「消費」だと分類して購入を見送っていたと思います。単なる「消費」であれば1万8000円を「投資」と呼べるものに回した方が得だと考えます。この葛藤があったため、AirPodsの購入の決断に悩んだのです。

これが僕がお金を使う基準で、少額であればそこまで悩まず消費してしまうことがありますが、数千円程度を超えると(数百円でもたまに(雑誌の購入など))、本当にそれだけの価値があるか、単に消費して終わるだけではないか、身分相応のものか、贅沢品ではないか、など考えるようにしています。最終的には「貯金型」の人と同じように自分が満足するか、納得できるかで購入の決断を行いますが、この最終決断に至るまでは必ず投資か、消費か見極めるようにしていています。イヤホンであっても値段以上の便益をもたらすのであればそれは「投資」になります。今回であれば、時間の節約と生活を豊かにするアイテムだと考えたので購入することに決めました。

ちなみに「貯金型」の友人は株式投資をギャンブルだと言い、否定的ですが、宝くじは購入します。僕は株式投資は投資だと考え、宝くじはギャンブルだと考えているので宝くじの購入には否定的です。千差万別、多種多様な考えがあっていいと思いますが、自分の考えるお金の哲学でした。ここまでまとめてみると僕のお金に対する考えはやはり「金持ち父さん、貧乏父さん」の影響が大きいと感じます。

初朝ラン!時間を有効に活用してやることを消化する!

ヘルスケア

f:id:thcom:20170311091740j:plain

先ほど初めて朝ランニングをしてきました。ダイエットと健康維持の一環で夜にランニングしていますが、これに加え休日は朝に時間があるので朝も走ればいいなと思い、30分ほど走ってきました。

いつも夜走っていたため朝走ってみると気温や風景などが異なり、同じコースでも新鮮な気分で走れました。また、近くの中学校では部活の朝練をしていました。朝運動することは特別なことではなく、そういえば昔は朝練とか朝から運動していたなと気づかされました。

まだまだ午前中なので本日は溜まっている日常のタスクをひたすら消化して、時間があれば京都にでもふらっといってこうようと思います。

早起きは三文の徳ですね。

健康維持は結果的に節約につながる!?

ヘルスケア

f:id:thcom:20170309215137j:plain

最近お腹周りが気になり、ダイエットを始めました。 過度な絶食などを行うのではなく、2日に1回は3キロ程度のランニングと筋トレを中心として食事内容などを見直し健康的に体重を落としていこうと計画しています。

ダイエットを考えた際に、まず晩酌を減らすことにしました。毎日ストレスが原因で必ず1本は発泡酒を飲む生活になっていました。これを最高でも週2日と定めることで酒代が減りました。体を動かすことでストレス解消になっていますので無理なくお酒を制限することができているのかもしれません。夕食はおなか一杯食べていましたが、肉類などを控え、野菜や大豆食品などを中心にして、品目を増やすことにしました。結果的に満腹感もありつつ、健康的な食事がとれ、なおかつ食費を抑えることができました。今後は十五穀米などにも挑戦しようと思います。

また、お昼は外食を控え、コンビニでサラダを中心にサンドイッチなどを購入することで500円以下となっています。これまでは外食ばかりで平均750円~900円程度かかっていました。外食するとどうしても高くついてしまいますが、人付き合いのためこれは妥協していました。しかし、ダイエットを理由に外食をやめることに踏み切ることができました。外食も無理に行かないと制限するのではなく、1週間~10日程度に1回ぐらいの頻度に抑えることでたまの贅沢を味わおうと思います。

まだダイエットを始めて間もないですが、健康を意識するようになりました。健康を維持することで医療費を削減することができるので様々な面から得ばかりだと思います。節約するだけでなく、健康を意識してお金をかけるところはかけてますが、結局不摂生な生活の時よりは総合的に支出を抑えることができていると思います。

ダイエットや健康を維持するために日々の生活を見直すことで結果的に節約につながるかもしれません。

松井証券で毎営業日に投資信託の積立を行う

投資信託

f:id:thcom:20170306231355j:plain

前回SBIで5営業日毎に投資信託の積立を行うことにした記事を書きました。

money-tktktk.hatenablog.com

しかし、5営業日毎といっても毎回購入をするのは非常に手間で、祝日や週末などを挟むと5営業日後っていつだ??っと悩むこともしばしばあり、購入すること自体を忘れてしまうときもあります。

一方、松井証券では毎営業日毎に投資信託の積立をできるということなので、口座開設を行い、SBI証券での積立を停止した後、松井証券にて毎日3000円ずつ購入するように設定しました。

毎営業日毎に3000円ずつ購入するので月に約6万~7万円程度購入することになります。最初に50万円を入金したので最低でも半年は放置できることになり、半年後再度50万円を入金する予定です。毎営業日毎の購入なので究極のドルコスト平均手法を行っていますが、相場が一時的に下落した際は購入額を一時的に増やし積極的に購入口数を増やしたいと思います。

できるだけ自動化することで投資に対する時間を削減することができるので他の作業や活動に時間を利用することができます。また、精神的にも楽なので今のところやってよかったと感じています。

投信の積立については、毎月1回積立状況について報告していこうと考えています。