億り人への道

Epsode2 ~目標!不労所得で年間50万円&総資産2000万円(不動産投資開始)~

FX投資ルールの見直し!

 

f:id:thcom:20160925110904j:plain

最近FXを初めたのですが、すこぶる成績が悪く、自分がなぜ負け続けているのか一度心当たりのある行動を整理したいと思います。そして、それを少しづつルール化し、自分のスタンスを確立していく必要があると考えています。

負ける原因と思われる行動

・仕事中にトレードしてしまう。

・ポジションを持っていないときに無理にポジションを取ろうとする。

損切り、利確ラインが明確でなくその場の雰囲気で決済する。

・損失が膨らむと基本的に難平を行い、損切りは行わない。

損切りは資金が枯渇し、難平ができなくなり損がこれ以上大きくなるとやばいと思ったとき。

・毎回参考にすべきチャートが異なる。

 

なぜ負けるのか行動の分析

・仕事中にトレードしてしまう。

 →仕事中にトレードすることで、どうしても状況は確認できないので想定外の値動きがあっても直ちに対処することができない。また、購入時にも熟考できないので、なんとなくのトレンドだけを見て参入しがちである。

・ポジションを持っていないときに無理にポジションを取ろうとする。

→時間は有限なので常にお金には働いてもらいたいというマインドがある。お金を遊ばせて置くことが勿体なく、ポジションさえ持っておけばスワップ金利が得られるので常にポジションを持とうとする。

損切り、利確ラインが明確でなくその場の雰囲気で決済する。

→これが一番ダメで、他の行動にも関係するところではあるが、例えばレンジ相場であれば、レンジが抜けるところで損切り、利確注文を入れておくべきだが、それ以上のサプライズを期待して、決済注文を購入時にいれておかず、気づいたら悲惨なことになっていることが多い。

・損失が膨らむと基本的に難平を行い、損切りは行わない。

→とりあえずポジションを持って考えるので、利益が大きく乗れば利確はしますが、含み損になると損失を免れようとして資金が続く限り難平を行おうとします。また、結果的にこの行動によって何度か救われているので成功体験にもなっていますが、実際にはトータルで負けている事実から損失が大きくなる可能性の方が高い行動と考えられる。

損切りは資金が枯渇し、難平ができなくなり損がこれ以上大きくなるとやばいと思ったとき。 

→上と関連してきますが、結局損切りは切りたくて切っているのではなくて、切らざるを得ない状況になったときに切ってしまうので、基本的に手遅れになっている状況が大きく損失の額も大きい。

・毎回参考にすべきチャートが異なる。

→5分足や、30分足、1時間足、4時間足などで全体のトレンドを把握しようと眺めてみるものの、おそらく自分の都合のよいところだけを切り取って独自解釈でポジションを取っているため、チャートを見ている意味がない。

 

改善すべき行動(ルール化)

・ 仕事中にはポジションを持っておくのは仕方ないが売買は行わない。

→判断が曖昧になり妥協してしまう可能性があるから。

・ポジションを持つときは必ず納得した裏付けがあってから。

→とりあえずポジションを持とうとするのではなく、熟考を重ねる。無理矢理にでもいいのでラインを引いて自分の考えを整理し、なぜそのポジションをとっているのか、他の人に説明できるようでなければ購入しない。

・難平は行わず、購入時に利確と損切り注文を入れておく。

→損失が出ているということは当初の自分の思惑通りに動いていないということなので撤退する。また利益がのった場合も利確注文を入れて置くことで取りこぼしを防ぐ。大きく利益が乗っている場合は、利確ラインをもう少し高め、損切り注文を見直し、利益が乗っているところに修正する。その際、利益が減るかもしれないが、負けることはない。また、損切りの頻度は増えることになるが大きく負けることはなくなると考えられる。

・購入時にスイングなのかスキャルピングなのかを考慮してチャートをみる。

→基本的なことですが、スキャルピングなら1分足、5分足を判断材料にする。スイングトレードであれば30分足以上を参考にして全体のトレンドを把握しトレンドに沿った順張りで判断する。

 

 素人ながらここ3ヵ月で学んだことです。まずは上記のルールを徹底して挽回できればと思います。

 

応援していただける方は、以下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


不労所得ランキング

 

 

 

 

「日本創成戦略」を読んで考えたこと

f:id:thcom:20140908185558j:plain

ブロードバンドタワーへの投資を考えており、IRなどを調べていたところ社長の藤原洋さんが業界ではとても有名な人であることに今更ながら気づきました。ブロードバンドタワーを知る上でまずは経営者である藤原さんの考えやビジョンを知りたいと思い、著書である「日本創成戦略」を読んでみました。

 

この本は日本社会が欧米や中国と比較して経済的にも技術的にも差がつけられてしまっていることを問題としていますが、第4次産業革命=デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の取り組みによっては近い将来日本が新たに活躍できるのではと考え、DX時代の未来を描いた内容になっています。 主に、IoT、AI、フィンテック等を取り上げて日本がどのような行動をとって行けばよいのか検討されておられます。

 

そもそもインターネット時代においては、生産者と消費者が直結できるはずなのに、多くの産業分野において、旧態依然としたピラミッド型多重下請構造をさまざまな規制よって保護してきたことが、日本が他国に比べて遅れてしまった原因。

インターネットは、自律、分散、協調という理念のものですが、上記の用に日本ではどこかが中心となる産業構造が多いです。例えばシステム開発現場では、ユーザ企業を頂点として多重下請が行われています。また、いわゆるガラパゴス化といわれるように独自の技術を秘匿することで囲い込みを行おうとする傾向にあると思います。このような日本の独自文化が成長を遅らせ、世界のシェアを取れなくなった原因だと考えます。

 

IoTでは、モノがインターネットに繋がるので言語ではなく数値をやりとりすることになる。

製造業は製品を作って売るだけというビジネスモデルから顧客サービスを提供し続けるというビジネスモデルへ。

欧米では英語を利用するので英語圏が基本的な商圏となります。実際は英語は世界中で使われている言語なので、欧米だけでなく、アジアや、アフリカ、オセアニア等世界中が自然と商圏となります。中国では中国語を商圏としても人口が13億人もいるので自国向けにフォーカスしてもかなり大きな市場となります。一方、日本は日本語を商圏と考えると1億人程度であり、英語圏、中国語圏と比べてどうしても市場規模が小さくなり、これが競争力に直結してきます。また、高齢化社会でもあるので益々、市場規模は縮小していく傾向にあります。更に、日本人は外国語が苦手な傾向があるのでどうしても世界に向けたグローバルなサービスというよりは自国向けのサービスが得意な気がします。

しかし、IoTを上手く活用できれば、例えば家電にセンサーをつけて情報収集を行い、メンテナンスサービスなどを行うことができます。IoTで収集されるのはその部品部分の数値データなのでこれを解析することができます。そしてこれを活用するようなサービスを行うことで製造業も物を売って終わりではなく、サービスで稼ぐことができるようになります。アメリカのGEは販売後のサービスで稼ぐ売り上げの方が大半を占めているようになっています。

実際にこのようなサービスは少しずつ始まっており、重機のコマツなどはIoTで重機の状態を収集し、メンテナンスを効率化するようなサービスを行っています。サブスクリプション方式で安定的に収益を確保し、日本企業が得意な製造業の分野と、緻密なデータ分析技術を上手く活かすことができれば新たな付加価値を持ったサービスを展開できる可能性は確かにあると思いました。

 

自動運転技術では、AIよりもV2Xのような計測技術の方が重要になってきている。

自動運転は一般的にAIが道路状況などを判断して、人間の操作を介さずに自動で運転される技術をなんとなくイメージしています。しかし、AIはイレギュラーな対応に弱いのですが、道路はイレギュラーなことばかりなので、AIによる自動運転は難しいという議論もあります。そこで車同士や道路、壁や標識などあらゆるところにセンサーを張り巡らせ、センサー同士の距離や状況から自動運転を実現し、衝突を回避するといった方法が重要になってきているようです。この場合、多数のセンサーが必要なので、正にIoTと低遅延、同時多接続可能な5Gによるインフラが必要になってきます。

ここで今更ながら気づいたことですが、基本的には装置間の低遅延さを求める場合は、MECと言う装置に近いところに制御サーバなどを配置する、エッジコンピュータが必要になってきます。しかし、常時情報を収集したり、収集したデータを定期的にバックアップする場合はまずはクラウドへあげることが考えられます。ここでBBTのようなデータセンター事業者が必要になってきます。5G化が進みIoTによるセンサーが増えるとそれを最終的に収集するストレージサーバが必要になってくるので、これらのインフラやノウハウを持ったデータセンター事業者が重宝されるということになるのだと思います。正直、データセンター事業者は乱立しているので5G化によりどれほど効果があるのかいまいちイメージがついていなかったのですが、点と点が繋がったような気がします。

(自分の妄想なので的外れなことかもしれません。。)

 

他にもスマートメーターフィンテック市場などについて言及されており、参考になりました。スマートメーターについては一番実現性があるような気がします。

 

また、技術の話とは直接関係ないのですが、以下の文が印象に残っています。

ユダヤ人は企業に永住しようとは全く考えておらず組織というのは自分のためにあるものであって自分のためにならない組織なら変わればよいと考えている。会社を作って売ることはポジティブなことであり、日本では履歴書に傷がつくと考えられている。

確かにその通りですが、これは正確にはユダヤ人ではなくて、日本人以外だと感じています。韓国の方と仕事をする機会があったのですが、プライベートな場では転職を考えていると相談されました。今の会社は2年程度ですが、その前の会社も2〜3年程度であり、日本や韓国だけでなく世界中の企業で仕事をされている方でした。エンジニアなので技術力があればどこでも仕事ができますし、色々な企業で挑戦していきたいというマインドでした。

私の勤務している会社の同僚はおそらく転職はあまり考えておらず、かといって会社の将来のこともあまり真面目に考えていない人が多いと感じています。意識が高い人に対しては日本ではなぜか嘲笑う傾向にありますし、会社のためといいながら実は残業などといった努力している過程が美徳とされ結果に反映されておらず、無駄なことをやっているのがほとんどです。自分も今の会社には恩がありますし、好き勝手やらせてもらっているのですが、一生残り続けたいとは思っていません。やはり究極的には自分の能力が活かせ、自己実現ができる場所で活躍できることがベストだと考えています。それが転職なのか起業なのかはわかりませんが、今の会社にしがみつくのではなくいつ辞めてもいいような姿勢で自己研磨と問題意識をもって過ごして行きたいです。

 

話が脱線しましたが、素人ながら藤原さんがなぜBBTの事業をやっているのか、本書を見て実現したい将来が朧げながら見えてきました。投資という視点でみればBBTの時価総額はまだまだ低いですし、投資する価値は十分にあると考えています。今はデータセンターの開設などで設備投資を積極的に行っているようなので、利益がほとんどありませんが、顧客も増えてきているようなので次期からは少しずつ利益として結果が見えてくるのではと考えています。 

 

応援していただける方は、以下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


不労所得ランキング

 

 

 

 

FX取引結果2月4週目

f:id:thcom:20200125223408j:plain

 

2月4週目の結果となります。

先週のポンドの含み損が大きくなり天井が見えなくなったので、自分にとってはかなり大きな損切りを余儀なくされました。。結果的に損切りしてよかったです。

2月4週目は米ドル大幅高がありました。つまりかなりの円安となりました。これは日本のGDP成長率が大きなマイナス成長となり、日銀の金融緩和政策を見越して円売りになったと言われています。これによりポンド円も高騰、ショートで持っていたので決済し、ドル円のロングにシフトすることで少し、損金を減らすことができました。が、大きな損失確定をしたのには変わりないです。

原因は明白で素人によくあることだと思うのですが、「ポジポジ病」です。相場が動いているとき、自分ルール等を無視してよくわかっていないけどポジションを持ってしまう。そして、儲かっても損しても、利確、損切りラインが曖昧なのでズルズルとなってしまい、中途半端な結果となってしまうことが多いです。FXは1億円動かす気持ちで向き合わないとダメだと思いました。

 

世間ではコロナウイルスに対して過剰反応しているように見えますが、個人的にはインフルエンザと同じ意識で考えておりますのであまり過剰反応はしないようにしています。株の話になりますが、スカパーの含み損が少し減り、株価が上がっていることに気づきました。後でわかったことですが、コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす人が増え、スカパーなどの有料チャンネル放送の需要が伸びるのではという思惑からの高騰のようです。実際にチャンネル加入者数がどの程度増えているのかは不明ですが、このような連想ができていない時点でまだまだ未熟だと思いました。。自分はマスク不足が目についたのでドラッグストアや化学繊維メーカーなどをウォッチしていました。結局資金があまりないので購入にはいたっていないのですが、もう少し熟考してみんなが気づいていない隠された需要部分に気づけるように意識していきたいと思います。

 

 

◾️2月4週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−59,997円

含み損益:-9,520円(うち、スワップ金利+1,706円)

預託証拠金残高:190,003円

純資産額:182,189円 

 

◾️2月3週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−19,477円

含み損益:-41,727円(うち、スワップ金利+1,067円)

預託証拠金残高:230,523円

純資産額:188,796円 

 

今週は確定申告のシーズンなので確定申告に注力します。2020年は節税対策ではなく、もっと真摯に自分のビジネスに向き合い、黒字化していければと思います。融資を狙うにしても現金が必要なので、全力で資金を増やしたいところです。FXは収益の柱の1つとなればよいと考えておりますが、もう少し勉強が必要であると痛感しております。

 

応援していただける方は、以下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


不労所得ランキング

 

 

 

 

FX取引結果2月3週目

f:id:thcom:20200125223408j:plain

 

2月3週目の結果となります。

先週の豪ドル含み益は解消したものの、今週はポンド円の売りポジションを持ったことにより大きな含み損が、、、。

損切りが上手くできないのが原因です。

 

◾️2月3週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−19,477円

含み損益:-41,727円(うち、スワップ金利+1,067円)

預託証拠金残高:230,523円

純資産額:188,796円 

 

◾️2月1,2週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−25,665円

含み損益:-10,790円(うち、スワップ金利+1,330円)

預託証拠金残高:224,335円

純資産額:214,875円 

 

 

 

 

 

応援していただける方は、以下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


不労所得ランキング

 

 

 

 

FX取引結果2月1,2週目

f:id:thcom:20200125223408j:plain

 

2月1,2週目の結果となります。

豪ドルの政策金利据置により、豪ドルが爆上げし、中国のコロナウイルスによる懸念で含み損となっていたものが含み益となったので利益確定を行いました。

少しトレードで損益を確定してしまったものの、先週分に比較して損失を取り戻した分、純資産額が改善しました。

 

ポジションとしてはスワップ金利目的でZAR/JPNを3ロット(3万通過分)保有しています。これについては長期保有で考えています。

 

◾️2月1,2週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−25,665円

含み損益:-10,790円(うち、スワップ金利+1,330円)

預託証拠金残高:224,335円

純資産額:214,875円 

 

◾️1月5週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−21,997円

含み損益:-37,082円(うち、スワップ金利+1,258円)

預託証拠金残高:228,003円

純資産額:190,921円 

 

 

 

 

 

応援していただける方は、以下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


不労所得ランキング

 

 

 

 

FX取引結果1月5週目

f:id:thcom:20200125223408j:plain

 

1月5週目の結果となります。

今週は中国武漢コロナウイルスにより、国内的には旅行客の現象によって日本株は大幅下落しました。ダウも大幅な下落となっています。景気減速→原油安にもなっているようです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200201/k10012268511000.html

 

 この状況下で豪ドルをロングし、いわゆる逆張りのポジションを持ちました。オーストラリアの貿易は中国への輸出が約30%を占め、中国の影響を大きく受ける国です。つまり中国の景気が減速するとオーストラリアの経済や為替は大きな影響を受けます。

まだまだ不透明なところはありますが、個人的にはコロナウイルスは一時的なものだろうと想定し、落ちるナイフを思いっきり掴んでしまたところ、思ったより豪ドル安が止まらず・・・。かなり含み損を増やす結果となってしまいました。

しかし、為替は相対的なゼロサムゲームだと思っているので、上げたり下げたりを繰り返すサイクルを必ずとります。損切りしたい気持ちもありますが、資金力が少ない点と騒動の終息を見越して、いつかは戻るだろうと考えていますので、引き続き追加購入してスワップ金利を得ながら耐えようと思います。

 

 

◾️1月5週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−21,997円

含み損益:-37,082円(うち、スワップ金利+1,258円)

預託証拠金残高:228,003円

純資産額:190,921円 

 

◾️1月4週目の結果です。

原資:250,000

確定損益:−13,220円

含み損益:-3,614円(うち、スワップ金利+906円)

預託証拠金残高:236,780円

純資産額:233,166円 

 

 

 

応援していただける方は、以下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


不労所得ランキング

 

 

 

 

FX取引結果1月4週目

f:id:thcom:20200125223408j:plain

不定期ですが、2020年はFXの取引結果について記録していこうと思います。

基本的に取引ができない週末の土日に更新すると思います。まだまだ感覚で取引を行なっているので自分で後で見直せるようにトレードの記録を残すことが目的です。

 

取引口座はDMM FXを利用しています。特にこだわりはないのですが、UIが利用しやすそうだった点、キャッシュバックキャンペーンを行なっていたためです。口座には特にこだわりがないので今後良い口座があれば転々としていこうかなと思います。

   

 

FXに関してはかなりリスクをとるスタンスでやっていきたいと思います。原資は25万円。目標は年間利益120万、月間利益10万円を目標にしています。つまり1日あたり3000円〜4000円程度利益を上げていく必要があります。かなりハイリスクを取っていますが、これぐらいの姿勢で望まないといつまでもお金持ちにはなれないと考えているためです。株の方は王道のS&Pを中心にチマチマ配当金を得て少しずつ資産を増やしている状況ですが、リタイヤや億り人などを目指そうとするとスピードが遅すぎると考えています。

株の投資スタイルとは対極の短期投資、ハイレバレッジで1年間やってみたいと思います。

 

早速ですが、1月4週目の結果です。

原資:250,000円

確定損益:−13,220円

含み損益:-3,614円

預託証拠金残高:236,780円

純資産額:233,166円 

 

いきなりのマイナスです。正月明けのイランとアメリカのいざこざに巻き込まれました。当初は210,000円近くまで減らしてしまっていたので、これでもなんとか少し取り戻してきた感じです。ちなみに年明けの時には、270,000円程度あったので、かなりの損を食らってしまったことになります。

 

初心者ながらFXをやり始めた感想としては、ポンドを触るのであれば損切りはしなくてもすぐに戻していたということでした。大きな含み損を抱えてしまうとどうしても切ってしまいたくなるのですが、握力を強くしてポジションを持ち続けることが結果的によくなることが多々ありました。スキャルピングデイトレードといったトレードスタイルなのですが、損切りをしないデメリットとしては資金が拘束されるため、トレードの手が止まってしまうことです。

 

当然ですが基本的にはテクニカルの視点は短期よりも長期の方がトレンド通りの動きとなる可能性が高くなります。そのため基本的にはデイ、スイングトレード目線でポジションを持って短期的に含み益が出れば利確して新たなポジションを持つことの方が良いのかなと思いました。

 

また、精神的な話ですが、長期で持とうとすると金利がかかるのでど、ドル円やポンド円などはスワップ金利がプラスとなるような買ポジションで持つことが多いです。FXは自分のメンタルとの戦いだなと思います。

 

 

応援していただける方は、以下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


不労所得ランキング