30代技師の億り人への道

Episode3 ~目標!不労所得で年間120万円&総資産4000万円~ 「2028年12月には1億」

2024年2月配当金結果

この記事は2024年2月に受領した配当金額についてまとめています。

MRFや貸株金利等を含めた合計金額となります。2024年2月は以下の通りでした。

2024年2月   銘柄 税引き後円
Total     ¥14,707
2024/2/2 SBI VZ ¥421
2024/2/29 SBI MMF ¥400
2024/2/29 SBI QYLD ¥1,097
2024/2/15 SBI 貸株金利 ¥534
2024/2/7 SBI 米ドル貸株金利 ¥42
2024/2/28 Monex サムティ ¥12,192
2024/2/29 Monex MRF ¥21

 

1月は31日にSBIのMMFから入金が確認できたので、+447円となり、7,702円に修正しています。2月はこの約倍の14,707円となりました。こちらはサムティからの配当金による寄与が大きいです。来年から権利確定月が12月に変わる予定なのでサムティからの入金も1ヶ月ズレる予定となります。2月は元々配当金予定が少ない月の1つだったので貴重な収入源だったのですが、引き続き長期保有をしたいと思います。他は、QYLDやVZから少しですが入金がありました。またMMFMRF、貸株金利等も少額ですが年間を通して集計するとそこそこの額になります。ありがたいですね。

サムティは今回初めて11月の株主権利を取得することができたため、先日優待券をいただくことができました。私は300株の保有となるため、2枚のホテル宿泊チケットがもらえらたので妻と小旅行で使いたいと思います。サムティは配当利回りも高く、株主優待も魅力的なのでお気に入りな銘柄の一つです。

3月はVYMやVTIからの年4回行われる配当金の1回目の月となります。私自身、米国株は高配当ETFであるVYMに再投資を続けているため、3月、6月、9月、12月の配当金が毎年少しずつですが増えていくことになります。またVYMは連続増配する可能性も高いため、長期保有にも非常に優れていると考えています。現在はドル高になり日本円からドルへの購入コストが実質的に上がっているためこのような時期に取得できる貴重な米ドル収入源の1つにもなっています。また、6月と12月は日本株では配当金をこの時期に出していただける企業が多いため、更に取得予定額が増えることになります。現時点では税引後でも3月は約10万円ほどになる見込みです。6月と12月は税引き後、約20万円ほどになりそうなので楽しみです。月平均20万円あれば我が家の最低限の生活費となります。最終的には余裕も含めて月30万円、年360万円の収入があれば生活できます。こちらは現時点では配当金だけで100%賄おうとは思っておらず、資産の取り崩しも考慮して達成できればと考えています。当初は高配当投資に注力していましたが今はまだまだ資産形成段階だと思うので、オルカン等のインデックス投資にできるだけ資金を回しつつも一部の個別株投資で引き続き配当金投資は続けたいと思います。

再見!

 

money-tktktk.hatenablog.com

 

2024年2月末時点の資産集計結果

この記事は2月末時点の総資産の集計結果についてまとめています。

2024年2末の資産集計結果は、43,102,318円でした。4,000万円台の大台を超え今年の目標額である4,400万円が既に射程圏内となっており、今年の目標は5,000万円に上方修正する予定です。当初の計画からどの時点でどれぐらい上方修正したのかわかるようにどこかで管理したいと思います。

 

2月末の総資産

個人資産 ¥30,931,438円
共同資産 ¥12,170,880円
Total ¥43,102,318円

個人資産だけでアッパーマス層に到達することができました。2,000万円を超えたあたりから本当に資産増加スピードが速く感じます。準富裕層までもう少し、、

 

青が目標、オレンジが実績値です。1月からいきなり目標値を大きくオーバーしていますが、2月も更に加速度を増しています。給与収入からの入金力もありますが、追加のRSUもありました。また、2月はBTCの上昇もありこちらがかなり寄与していると考えられます。いつかは調整局面があるかと思いますが、3月も引き続き大きく減らすことなく推移してくれるとありがたいです。

 

再見!

 

money-tktktk.hatenablog.com

 

2024年3月1週目 投資の雑感など

この記事は3月1週目の投資の雑感等についてまとめています。

2月末は少しバタバタして更新が遅れていました。できるだけ毎週土曜日までに週のまとめ記事を更新したいと思います。今週は日経平均は引き続き上昇傾向で40,000円台到達までも時間の問題になってきました。米国株も2月は堅調だったかと思います。投資額は少ないですがFXは16,200円の利確となりました。2月は55Lot分しかトレードしていないため、トレード数から考えると個人的にはかなり良い成績となりました。引き続き3月もアクティブな投資はFXに注力し、確実に利益を積み重ねていければと思います。また、仮想通貨の方は絶好調でプラス80%を超えています。元本が100万円程度なので少額ですが、右肩上がりを想定するなら、非課税の範囲で少しずつ取り崩すのもありだなと思っています。まずは恩株化状態になれば、暴落しようがあまり気にならなくなるので利確方法を検討したいと思います。いつも思うことですが、買いよりも売るときのタイミングの方が難しいと感じています。。そういった観点では、NISA制度というのは非常に良いのかもしれません。別の記事で整理する予定ですが、総資産は4,300万円を超えました。今年の目標は4,400万円でしたが、既に目前となりました。このまま堅調に推移すれば3月中にはもしかすると達成することができるかもしれません。

また今週は確定申告を完了させました。私は還付金は無く追加で支払いが発生してしまうため少し憂鬱な作業になりますが、いつも期限ギリギリまで着手しないことが多いので例年よりも早く完了させることができました。年収が上がったことによりその分税金の支払いが増えていますが、思っているより納税しているのでこちらをなんとかしたいと思います。年収を上げるよりは経費により節税が可能な副業に注力する方が費用的にも時間的にも効率が良いと考えられます。FIREをする場合もサラリーマンからいきなり、リタイアではなく、サラリーマン+副業から、副業のみにシフトし最終的には副業を本業としながら労働時間を自ら調整することでリタイアにシフトしていくのがもっともリスクなく堅実な方法かと考えています。やはりサラリーマンという保険をかけている期間のうちにまずは副業を立ち上げて軌道に乗せることが急務だと考えています。ただ、この副業ですが、世間で流行っているせどり等はあまり興味がないのが本音です。結局は相応な労働時間が必要ですし、個人でやる場合は在庫管理等いろいろ作業が発生するので、私の場合は結局サラリーマンで稼いだ方が時給的にも効果が高いと思っています。もちろん最終的には外注や自動化を行って労働時間を減らすというところを目指すのかと思いますが、既にレッドオーシャンですし、在庫を持つようなビジネスは労力がかかるので現時点ではあまり興味を持てないです。

副業について昔から常にどうしていくべきか悩み続けています。一度不動産投資にも挑戦しましたが、結局は投資ではなくてあれは不動産事業ということに気付かされました。少額だったので損失も少なかったですが良い勉強となりました。修繕や客付、入出金シミュレーション等、かなり戦略的に考えなければなりません。自らの肉体労働としての資本を注入し、経費を下げ、客付けのために不動産仲介業者に営業活動を行い、損益分岐点や利益率を考えるために計算を行う必要があります。一部の人は上手くいっているとは思いますが、ボロ家を修繕して、貸しつけて、利益を残すというのはやはり非常に難しいですし労力がかかります。借主とのトラブルが生じてしまうのもよく耳にします。また、私自身が少し潔癖なところもあるので賃貸業は向いていないとわかりました。結果的には撤退ですが良い経験となりました。

できるだけストレスなく、自分のタイミングで効率的な副業は何か、と考えると今はFXであると帰結しています。副業ではなく、投資、もしくは投機と考える方もいますが、目的はサラリーマン以外の方法で、自力で効率的に稼げるかどうかです。FXは一般的な事業とは異なり、性質的に当然損をすることもありますが利益額は青天井となります。不動産投資と同様に、FXで大なり小なり生計を立てている人がいる以上、再現性があると考えています。今はこのFXに注力し、FXで得られた利益は株などの再投資に回すのではなく、当面は自分自身への投資に回していきたいと考えています。先月はPCデスクを新調したため、作業を効率化することができました。次は今使っているPCが少し古いのでこちらを新調できればと考えています。予算としては15万円程度。こちらをまずは短期的な目標としていあす。PC購入後は更に作業効率を上げて投資や副業利益を加速させることができればと考えています。

再見!

2024年2月4週目 投資の雑感など

この記事は2月4週の投資の雑感などをまとめています。

いつもは毎週土曜日にこの記事を整理するのですが、今週は3連休ということもあり1日早いですが、本日2月4週目について整理したいと思います。今週は日経平均は過去最高値を更新しており、日本株保有している人はほとんどの人が含み益になっているのではと思います。どこまでこの状況が続くかわかりませんが期待したいところでもあります。またNVIDIAも盛り上がってますね。オルカンを売却してNVIDIAを購入するという人たちも現れてきているので加熱気味なところを懸念しています。こういった上昇株の恩恵を取りこぼさないように分散投資をしているはずだったかと思うのですが、当初の投資方針を忘れないようにしたいと思います。

FXの方は微増で、現在のところ10,710円ほどの利益となっています。少額ですが確実に利益を重ねていければと思います。仮想通貨の方もまずまずといったところです。最近は少額ですがMonex証券で貯まるMonexポイントをBTCやXRPに交換して少しずつ保有数を増やしているところです。

また、今週は20日にウエルシアでウエル活を行ってきました。20日はウエルシアでTポイント払いを行うと、1.5倍の支払いに充当されます。つまり、Tポイント100ポイントで150円分の買い物ができます。逆にいうとTポイントを使うことで全品33%オフとなります。20日は必ずこのウエル活を行うようにしており日用品のまとめ買いをおこないます。こちらのTポイントは基本的には日常の支払いに使っている三井住友カードやハピタスで貯めるようにしています。案外貯まるので貯まった範囲で買い物を行っています。

今朝気づいたのですが、スマホで毎月の配当金を計算できるアプリに機能追加が行われ、複数の口座を管理できるようになりました。これまで私個人の口座の配当金と、共同資産で得られる配当金を一緒に管理できなかったので煩わしかったのですが、これらが一つのアプリで管理できるようになったため非常に見やすく、便利になりました。現在合計で、801,000円の配当金が得られる予定となっています。今年の目標として後60,000円増やす必要がありますがこの程度の額であればなんとかなるかなと思いつつも、加熱している日本株への投資は躊躇してしまうのでVYMへの再投資になるかなと考えています。様子を見て引き続き投資は継続します。何より市場に残り続けることが最も重要かと思います。

再見!

 

総資産4,000万円を超えて思うこと

この記事は資産4,000万円に到達した現状の心境をまとめています。

ちょうど1年前に以下の記事を書いていました。現在はSTEP3でサブタイトルにも記載している通り、総資産4,000万円、不労所得年間120万円を中期的な目標として設定しています。

 

money-tktktk.hatenablog.com

不労所得については現状、投資からの配当だけであれば年間税引前で80万円あるため、残り40万円を作ることができれば到達します。当初は配当金のみでこれを達成しようと考えていたと思いますが、現在は資産収益ではなく、資産そのものを増やす方が効率的と考え、高配当投資への追加投資は控えているのでペースは鈍化しています。その変わりにFXやポイントサイト等を駆使して他の収益源で年間5万円の追加所得を目指しているのでこれが上手くできれば、年間不労所得120万円も達成することができます。このSTEP3は当初2025年1月の到達を目標にしていましたが、総資産については既に到達できているため、かなりハイペースでの達成となります。これにより他の目標も上方修正していくことになります。ちなみに3,000万円から4,000万円までは、8ヶ月での達成でした。今年は残り10ヶ月あるため、なんとか今年中に5,000万円の準富裕層の大台に到達できないかと考えています。

4,000万円超えた際の心境の変化ですが特に大きな変化はありません。4,000万円ではFIREはできないと考えています。私の生活水準だと最低1億円程度、2億円あれば安泰といったイメージです。一方で原資が増えたので株価上昇の恩恵をかなり受けるようになり、資産の増加スピードを実感しています。1,000万円超えたときはあまり体感はなかったのですが、2,000万円超えたあたりから資産の増加が加速していることを実感しています。その分、暴落時の影響を大きく受けるのでポートフォリオを常に見直し、できるだけ分散投資に注力するように心掛けています。

心境に大きな変化はないと言ったものの、仕事への変なプレッシャーはなくなりつつあります。元々残り4年間しか働くつもりがなく、それに向けて資産形成を計画していたのですが、目標を徐々に上回りFIREが現実的なものとイメージができるようになってきたことから、「最悪、首になっても後4年働ければなんとかなりそうなので転職すればよいか」、というメンタルになりつつあります。幸い技術職であるためあまり仕事探しには苦労しないところがあります。しかし、AIの発展により将来自分のポジションがどのようになるか読めないところがあるため、FIREの有無に限らず、4年後仕事を辞める見込みで行動することは結果的に理に叶った行動だと感じています。実際4年後の自分が何を感じ、どのように考え、行動しているのかは読めないですが、少なくとも4年後の選択肢を増やすために資産形成は続けていきたいと思います。

また、体感として1,000万円から2,000万円に到達するまでが一番キツかったように思います。おそらく1,000万円の時点である程度の達成感を感じてしまい、投資行動も少し緩んでいたところがあります。また1,000万円程度だと複利もあまり効かないです。振り返ってみるとこの期間もう少しコミットしていれば今の資産よりも更に増えていたと感じています。この時は不動産投資やテスラ、NIO、C3AIとかいろいろ目移りしていた時期でした。愚直にオルカンやSP500を積立ておけばよかったです。今もAIや半導体で目移りしそうな銘柄が多いですね。

再見!

 

 

 

2024年2月3週目 投資の雑感など

この記事は2月3週の投資の雑感などをまとめています。

既に2月3週目が終わろうとしています。来週は3連休となり、2月は28日までとなるため、サラリーマンの営業日数としては残り8日となります。最近は生活も仕事も朝方に切り替え、誰よりも早く仕事を初め誰よりも早く退社するということを心掛けています。仕事へのパフォーマンスはそこそこにできるだけ効率よく回せるように試行錯誤しています。

投資の方ですが、まずは先ほど現時点の総資産を集計したところ、41,644,708円となりました。正式に4,000万円の大台を超えることができました。一部税金の支払いがあるため出費する予定がありますがそれでもなお、4,000万円の大台はキープできる見込みです。2月の本業給与はまだ計算に入れていないので、2月末に改めて集計しますが資産の加速度が非常に早いと感じます。日経平均はバブル期の38,915.87円が最大ですがもう少しでこれを上回る勢いです。少し加熱気味なところはありますが、日本株を購入しているのは実はほとんど外国人で、日本人はNISAでオルカンやSP500を購入しているという状況です、、。私自身は商社や銀行株が安い時にいくつか仕込んでいたのでこれらが倍以上になっており、かなり恩恵を受けています。また、意外なことにスカパーも+112%程度の含み益があります。こう考えると当時もっと買っておけばよかったと思いますが、当時の資金力等を考えると保有していただけで十分かなと思います。資産が増えていくにつれ個別株の1回に購入する株数も100株のみというよりは、200-300株をまとめて買うようになりました。こうやって加速度的に資産が増えていくのだと実感しています。

money-tktktk.hatenablog.com

FXの方は少し減らしてはしまいましたが、大きく負けてはいない状況です。引続き堅実なやり方で利益を残せるよう継続したいと思います。仮想通貨はかなり上がってきました。100万円分しか保有していませんが、これが半年で50%ほど増えたのでかなり早いペースです。BTCのETF化後の資金流入が多いようでした。また、半減期が4月に予定されているためしばらく様子見したいと思います。仮想通貨に関しては大きく減らしても仕方ないと思って投入した資金なので当面は売却等は考えていません。

2月4週目と5週目にはまずは確定申告を終わらし、追加の税金を納める必要があるのでこちらを優先的に終わらしたいと思います。支払いの際にはいくつかお得な方法があるようなので試してみようと思います。また2月は楽しみにしていたサムティの優待が届く予定です。妻が広島旅行に行きたいといっているので、優待が届き次第、早々に広島旅行の手配をしたいと思います。投資も単に資産を増やすだけに終始すると辛くなってきますので、株主優待等で適度に息抜きできればと思います。2月末の権利確定銘柄としてクリレスがあります。こちらも今回200株ですが初めて取得しようと考えています。権利落ち後に下がれば更に買い増し、徐々に保有数を増やしたい株です。

再見!

 

インデックス投資への投資方針について

この記事は投資方針について自分の思ったことをまとめています。

私のメインの投資はVYMです。こちらは分散が効いているのと高配当銘柄で構成されており、歴史的にも増配が何度も行われているため長期保有を行うことで株価に加えて配当も自動的に増えていくと考えているからです。実際にVYMに投資し続けて10年近くになります。自分の見立て通り増配し続けており、一時的に株価の低迷期があったものの上昇に転じており、インカムゲインキャピタルゲインもどちらもバランス良く得られる投資商品だと考えています。当然、4半期毎に配当金が支払われるため課税の観点では決して効率的な投資ではないですが都度、配当金が得られることにより暴落時にも耐えられる精神的な安定感もあります。個人的に一番気に入っている銘柄です。

一方で、総資産を考慮するとまだまだ資産形成時期であると痛感しているため配当金銘柄に拘らず、長期、積立、分散が効いて総合的に経費率の安い投資商品にも資金を入れる必要性があると感じ、オルカンの積立とスポット買いを継続してきました。新NISAでは妻の分も含めて全てオルカンを購入する予定です。つまり最終的に3,600万円+既存のオルカン分が投資元本となります。これと他の個別銘柄やVYMによってそこそこ安定的な資産運用ができると考えています。つまり新NISA枠を満額投資すると投資としてはほぼゴールだと考えています。

市場では様々な投資商品があり日々目移りするところがあります。ただこのようなトレンドに振り回されないように気をつけたいと思います。なぜ、自分がVYMやオルカンを購入しているのか、これらを売って資金を移し変える行動は自分の当初の考えに矛盾が生じないか考えたいと思います。個別株だとリスクが高いからオルカンやVYMを買っています。これらを売って個別銘柄の1点集中買いに転じるのは当初の考えに矛盾が生じることになります。

再見!