億り人への道

Epsode2 ~目標!不労所得で年間50万円&総資産2000万円(不動産投資開始)~

時間の使い方

最近はやることが多過ぎて、これに翻弄されてストレスがかなりヤバイ状態です。また、やることが目の前にあるとわかっているのにダラダラYoutubeを見たりして一向に進まない。仕事も明日にしようかなと、延期してしまい、これによってさらに自己嫌悪に陥る負のスパイラル状態に陥っています。

周りが助けてくれないと嘆いてしまいそうになりますが、結局は日々の積み重ねの産物ですし、周りの助けを得るにしてもそれを巻き込む力が自分自身に必要だと感じています。また、ストレスがたまると個人的にはお酒や外食など、消費が多くなりカード支払い日の時にまたストレスを感じてしまいます。

あまりケチケチしたくはないですが資産を築くまでの当面の間はやはり家計簿をつけて日々の支出を可視化していく必要があると感じました。なんども挫折していますが、本日から家計簿を再開したいと思います。

本題に戻ると、時間の使い方ですが今日やるべきことをまずは1日の初めに書き出して、一つでも前進できれば自分を褒めたいと思います。最近は自分に厳しくなり過ぎてやることを詰め込み過ぎてしまって疲弊しているところもあります。自分のキャパシティの限界も見えたので結果的によかったと思います。

そして仕事が溜まって明日の自分がストレスを感じてしまうので、あまりよくないことですが、これから出社してある程度仕事を片付けようと思います。

 

引越し代金の値引き交渉

現在、引越しを予定しており初めて引越し業者に依頼することになりました。これまで実家から一人暮らし、その後、一度引越しを行っていますが、レンタカーを借りて自力でやってきました。家具家電はその際買い換える予定だったので特に大きな荷物がなかったこともあり自力で引越しが可能でした。

今回は冷蔵庫や洗濯機、ベッド等大型の荷物があるので引越し業者へお願いすることに決めました。相場がわからなかったため適当に調べていたところ、単身だと相場で4〜5万円程度、安くて2〜3万円程度であることがわかりました。想定よりも安い印象でした。

次にどこの業者にお願いするかですが、周りに確認すると一括見積もりサイトでお願いをしているということでした。ただし営業電話が激しいようなので闇雲に一括見積もりではなく3社ほどに絞って依頼しようと考えました。一括見積もりサイトでも見積もり先の業者を絞ることができます。正直、引越し業者に大きな差異はないと思っているので適当に口コミを見ながら、大手2社と地元の中小1社にお願いすることにしました。

一括見積もりサイトに登録して1分後ぐらいに中小の引越し業社から電話がありました。大型荷物がどの程度あるか等、細かい確認をしたのち、最終的に5.5万円と言われました。少し高いなという印象と1社目だったので相見積もりをとる旨伝えると、適当な理由をつけて4.5万円を提示してきました。正直それでも高すぎるので今回はいいです、ときっぱり伝えると、いくらぐらいを想定されているのかと確認されたので3万円の旨伝えるとなんとそれでOKに、、。正直もう少し値切れる余地はあったかもしれませんが価格交渉も迅速に対応いただいたのでそれでOKしました。おそらくどの引越し業社もこのような対応なのでしょう。必ず価格交渉をすることを強くお勧めします。半額ぐらいにはなるのだと思います。

先日中古買取店の業態についてのYoutubeをみていたのですが、マニュアルとして貴金属で価値のあるものでも最初は偽物等適当な理由をつけて0円を提示してくるらしいです。その後、0円での引き取りを拒否するお客さんに対しては適当な理由をつけて本物だった旨を伝えて買取金額を提示してくる感じです。0円でも譲ってしまう人がいるからそのようなマニュアルになっているのだと思いますが、このような商売は気持ちよくないですね。結局自己責任になるので、しっかりと市場価値を調べてから自分の納得のいく価格交渉をした方がよいですね。あと相見積もりは必須だと思います。自分も今思えばバイクの買取でやられました。当時は時間がなかったので相見積もりを取ることができず、業社の言いなりになってしまいましたが、二度と利用することはないなと思いました。バイク王のことですね。株も買いません。

 

原発再稼働と首相発言について

 

今の総理には全く期待はしていないので、自民党には頑張ってもらいたいものの次の選挙では自民党に票を投じるつもりはありません。

 

先日原発再稼働を行うことを示唆した演説を行ったようです。これにより電力会社の株価は一時的に上昇しました。燃料費高騰によって電気料金の値上げや電力不足が叫ばれているので個人的には原発の再稼働には賛成です。

岸田文雄首相 ロンドンで「キシダに投資を!」と豪語も失笑の嵐…「100兆円ふっ飛ばした男がよく言うわ」(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

 

また、首相自ら国民への投資を促そうとしているものの、本人は有価証券をもっておらず、そもそも株の利益に対して増税しようとしていたのではと思います。支離滅裂な人ですが間接的にこのような首相しか専任させることができなかった我々の問題でもありますが、いち早く変わってほしいと願います。首相退陣の一報だけで株価は高騰すると思います。またこのような国策によって個人の財産が大きく左右されてしまうのも今回の首相で痛感しました。現在はまだ資産を増やす段階ですが、守っていく段階になった時にはできるだけ分散させることがいかに重要か理解することができました。

 

 

 

配当金整理2022/1 - 4

 

気づけば2022年の第1クォーターも過ぎていたためまずは配当金の整理をしたいと思います。

 

1月:10,382円

2月:689円

3月:37,183円

4月:1,953円

 

1月から3月までの1Q分の合計は48,254円でした。主にVYMとVTIがほとんどになります。このペースだと単純計算で年間20万円程度になりますが、日本株の配当は主に6月と12月に集中するので今の予定だと30万円ほどになります。

現時点では配当金よりも総資産を増やす段階だと思っているのでそこまで利回りは気にしていませんが、やはり配当金をもらえるというのは嬉しいです。

 

5月はあまり配当金が入金される予定はないですが、6月は日本株の配当金もあり、税引前ですが10万円程度あります。基本的にIndex投資を中心としていますが、サテライトとして日本の個別株を買うことがありますが、現在個別株のうち利回りの低いものは少しずつ処分し、最低でも3%以上の株に買い換えるようにしています。単に高配当株ではなく、トレンドや将来性を考えて購入するようにしています。

今は通信、グリーン電力、円安をテーマにしています。

 

 

当面の投資戦略について考える

 

当面の投資戦略

米国の利上げによる株安を見据えて今更ですが、キャッシュ比率を上げるためVTIを売却した方が結果的に良いのではないかと考えています。同時に円安局面でもあるので、VTI売却→円転後、円高、もしくは米国株が安くなればVTIを中心に再び買い直そうと思います。

少し矛盾はしますが、SP500の投信積み立てを毎月行なっていますが、これについては継続しようと思います。本来はVTIも売却すべきではないのですが、歴史的な円安局面ですし、米国の利上げを考えると、今は利確して一度円転する方が合理的と考えています。一方でインデックスな投資は市場に左右されず、長期的な将来の資産形成に向けて愚直に積み立てることが期待値を高めることだと思うので投信は継続、キャッシュ比率+利益確定のため、ドル建てのVTIのみ売却しようとの考えに至りました。

仮に売却後、VTIが上昇した場合、これはこれで円高を待てばよいと思いますし、周期的に発生するVIX35以上の暴落に対してFull-Investmentするのもよいと考えています。

VYMについては目的は配当金であるため、こちらは売却せず、今後もホールドを続けようと思います。株価によってはVTIの売却分をVYMの追加購入に充てることもあるかと思います。

日本株もトレンドがよくわからず難しい状況です。基本的に投資に対しては素人なので勝率の高い選択肢をひたすら取って行こうと思っています。無理にポジションを取ろうとしてよくわからない相場に望む方がリスクかと思うので当面は静観するスタイルで進めようと思います。当面は株式ではなくFXを勉強しながら為替の方で経験を積みながらお小遣い程度になるかと思いますが資金を増やしたいと考えています。DMMを利用しているのでレバレッジは25倍です。

 

上記の通り、VTIの売却を考えていますが、月曜の雰囲気を見て最終判断をしたいと思います。

まとめ

・VTIを一旦全て売却し、円転する。(125株)

・個別株の購入は難しいのでFXの勉強を行う。

円高になればドル転する。

・円安のまま米国株安となった場合、暴落まで静観する(VIX35以上)

・無理に株のポジションを取らずにFXの勉強する。

 

 

 

太陽光発電投資?事業?について考える

f:id:thcom:20170529085843j:plain

太陽光発電について何となく調べてみたところ「CHANGE」という会社を発見。
スマホで購入とあり、手頃なイメージですが、怪しさもあるので調査を実施。


口座開設費:無料
口座維持費:無料
振込手数料:投資家負担
売電収入換金手数料:390円(税込み)

 

購入方法は現金振り込みの他、クレジットカードによる購入も可能であり、クレジットカード払いを選択すれば振込手数料はかからない。
よくよく調べてみると風力発電もやっている。

利回りは年間約7%。20年で150%-200%を目指すというもの。手頃で簡単に始められそうなのでいろいろ調べてみたところ、例えば55,760W分の発電所のうち、Wあたりの販売価格が6%引きで449.25円のものがありました。つまり、この発電所ごと買おうとすると約2,500万円になります。手間賃等があるので直接発電所を建築した場合はおそらくもっと安くできると考えます。敷地も耕作放棄地のようなので借地でもかなり安く借りれている?あとはパネル代ですが、これが素人の自分にはわからないので調べる必要があります。

以下に中古で販売しているサイトがありました。

mega-hatsu.com

土地付きですが、年間想定発電量    93,074kwh で2,200万円、利回り9.77%とありますが、固定資産税やメンテナンス代等を考慮すると利回りはもう少し落ちると思います。
そう考えると変な手間を考えるぐらいならCHANGEの方が良い気もしてきます。
自分で発電所を運営する際のメリットとしては融資を受けられることでしょうか。
これでレバレッジをかけることができるのでこれがかなりのメリットになります。
一方で自己資金で行う場合は、この利回りとリスクが投資に見合うか判断する必要があります。
個人的には7%程度の利回りであれば、VTIやVYMに引き続き投資する方が魅力的なのでCHANGEを使った太陽光発電投資は見送ろうと思います。一方で融資を受けられるのであれば、自己資金を使わず太陽光発電事業ができるので少し興味があります。投資というか事業になるので少なくとももう少し調査してみて、見込みがあれば試してみようかと思います。風力も検討しよう。

 

そんな中、今さらですがFITとかFIPとかいろいろ調べて理解できてきました。しばらく検討を継続してみようと思います。


■参考サイト
CHANGEについて

ipomechanic.com

固定資産税について

www.liberal-solution.co.jp

太陽光ブログ

solar-club.jp

2021年の不労所得について

f:id:thcom:20180429115304j:plain

2021年の不労所得について集計したため整理したいと思います。

 

2021年の不労所得はほぼ配当金収益のみという結果でした。税引き後、277,166円となっており、2020年は214,652円であったため、62,514円増でした。月あたりだと5,209円増えたことになります。f:id:thcom:20220101144646p:plain

f:id:thcom:20220101145012p:plain

2021年は後半から高配当株からIndex投資へシフトしたこともあるので、前半はAT&TやARCCによって配当金を得ることができていますが、後半はこれらがないため、失速していることがわかります。また、12月に入金予定のVTIがおそらく1月入金される見込みであるため、上記の合計額には含まれていません。VTIは現在120株保有しており、一株あたりの12月に支払い予定の配当金は、$0.85920になります。つまり税引き前だと約11,857円になります。(1ドル=115円)

 

2022年も引き続きIndexへ集中投資を行いたいと考えているため、あまり配当金を増やす予定はないです。主にVYMと持株会、他に所有している個別銘柄による配当がほとんどだと考え、これらの配当利回りは3%もいかないと考えています。3%を超えるようであれば何かしら高配当株を購入しているか、各ETFの価格増や増配によるものになると思います。